パリを中心に活動する劇団「桜文月社」の活動と、日々の原動力について。


by shuta75
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日は6日目

cie OBUNGESSHA
カンパニー桜文月社

"La violoniste et l'esprit de la chaise"
ヴァイオリン弾きの娘と椅子の精

アヴィニヨン演劇祭OFFTheatre Golovineで毎日18時30分から元気に演じております。

Festival d'Avignon、今日これから6日目です。

b0178452_212448.jpg
私の椅子の位置から見た舞台。横に長い会場なので、真ん中の列に人が集まりがちです。

b0178452_215164.jpg
これが私の所定位置の椅子。

1日目31人
2日目20人
3日目59人
4日目66人
5日目66人

昨年のピーク人数が80人だったため、嬉しい集客数。
とにかく演劇祭は続けて毎年演じることが大事だと先輩カンパニーから伺ったので、うちは来年もやるのかな?それとも新作かな?

昨日はプロジェクターが作動しないというハプニングがありましたが、なんとか奥野
の演技でつないで、どうにかこうにか終了。
お客様には大変満足いただけたようですが、なんだか逆に恐縮しきりです。
[PR]
# by shuta75 | 2009-07-14 21:13 | 舞台

4日目終了

今日は、愚痴。


まずは、フェスティヴァル期間内に特別に雇われている、劇場付のスタッフが駄目駄目。

ダミアン+カミーユ…
作業が遅い、常にてんぱってる、カミーユは各カンパニーの開始時間や終演時間も把握していなかった。
カミーユはただのアル中じゃないかと(常に片手にビール)私は疑ってやみません。
劇場側もどうしてこんな人を雇ったのか、疑問。

アヴィニヨン演劇祭(Festival d'Avignon)では、一日に一つの劇場で複数のカンパニーが演じます。
舞台の照明や装置も共有するものが多いので、若干妥協する点もあります。
与えられた(=カンパニーが購入した)時間枠内で演技をし、搬入・搬出を行わなければ他の団体にも迷惑をかけることになります。

私たちの前の団体が、常に上演時間が押しているのです。もうここまで、ずっと毎日。
にもかかわらず、上演後に服を着替えてから搬出作業を始めたり、会場内でお客さんと長話をしていたり…

私たちは上演時間がずれ込むとお客さんや他の団体にも迷惑がかかると思うので(普通そう思うよね)、前の団体の搬出を手伝っています。手伝うと言うか殆どやっています。

相変わらず、前の団体の人たちはだらだらだらだらと談笑…殆ど搬出作業をせず、私たちの時間枠になっても、だらだらだらだら…。

あまりの態度に、昨日「もう少し早くデモンタージュ(搬出)やる努力をしてくれる?」と言っても、
「私たちのせいで遅れたわけじゃないから関係ないわ」
と、とにかくデカイ態度をとります。

言いたくないけど、フランス人の悪い点のひとつ、
「自分に関係ないんだから別にどうでもいい」
「それは私の仕事じゃないわ」
というステレオタイプに当たってしまったようです。

このタイプは、もう話しても無駄だと悟り、私は話を続けることなく彼らの前を去りました。

私たちがなぜ彼らの遅れ15分を取り戻さなければならないのか…

この件に関してのみ、もやもやした物が心に残ります。
[PR]
# by shuta75 | 2009-07-13 19:51 | 舞台

さらりと初日

Festival d'Avignon期間中は去年と同じ部屋に滞在しています。

b0178452_18562542.jpgお庭のあるアパルトマンの地上階。アヴィニヨンの城壁から徒歩3分ほど南に位置しています。
お部屋の持ち主はノワイエ夫妻。
奥さんのナディーヌは精神科医で、この部屋は通常診療所として使われています。
旦那さんのミシェルは農園を持っていて、有機栽培の果物で毎年手作りのワインやジャムを私たちに分けてくれます。桃のワインやいちじくと胡桃のジャム、すごくおいしかった!

昨日の初日は、去年の初日の倍以上の31人の方にご来場いただきました。
merci!



…と、さらりと初日報告ですが、
私たちの前のカンパニーが照明のプログラミングをいじって開始が押したり、
初演前日にチキンな私は胃が痛くなって吐き気がして「ガス漏れのにおいがする!(本当は自分が貼っている湿布の匂いだった)」とパニックになって、
なんじゃかんじゃ大変だったのです。はい。
[PR]
# by shuta75 | 2009-07-09 19:17 | 舞台

ポスターはりの巻

アヴィニヨンに来て最初にすること

1、ダンボールを探す
2、ダンボールを切る
3、ダンボールにポスターを貼る
4、ポスターを街中に貼る


b0178452_845530.jpg
はい、こんな感じに…(※まきちゃん、勝手に写真いただきました)。


b0178452_853320.jpg
ポスター貼り場所取り争奪戦は演劇祭の最終日まで続きます。


このポスターが目印☆
b0178452_8111893.jpg

[PR]
# by shuta75 | 2009-07-07 08:16 | 舞台

デコ

b0178452_16375068.jpg
アヴィニヨンに到着してから6日が経ちました。


まだまだやることは沢山あるのです。


そのひとつはみんなでデコ(舞台美術)の作成。
セノグラファー(舞台美術)のFumika DUBOIS嬢を中心に、作業は進みます。


b0178452_1643317.jpg
FUMIKA嬢の工具箱。
大きなものはパリである程度土台を作り、アヴィニヨンで組み立てます。


b0178452_16404891.jpg
これはどの場面で使うのでしょう?綺麗に仕上がりましたよ。
[PR]
# by shuta75 | 2009-07-06 16:46 | 舞台